Pocket

若い頃はそれほどでもなかったのに、最近ひげが濃くなってきた、とお悩みの人も少なくないでしょう。
剃れば剃るほど濃いひげが生えてくると思い込んでしまうほど夕方にはひげがチクチク生えてしまいます・・・。

では、ひげが濃いくなる原因としては、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

男性ホルモンの分泌量の増加

男性ホルモンは筋肉を発達させる、また骨格をしっかりさせるなどの働きがありますが、同時に体毛を濃くするという作用もあります。

ひげももちろん体毛のひとつであり、男性ホルモンの分泌量の増加による影響でひげが濃くなるとされています。

男性ホルモンの分泌量が増える原因として、まずストレスがあります。
仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、それに負けないようにするために男性ホルモンが多く分泌されるようになるのです。

男性ホルモンの分泌を抑えるためには、毎日の食生活にも気を配りたいものです。肉類などを多く食べる習慣のある人は、男性ホルモンの分泌が増加しますので要注意です。

野菜類や特に大豆製品を多く摂って、バランスの良い食生活を送ることで、男性でも女性ホルモンが増えて男性ホルモンの増加を抑える働きがあります。

生活習慣の悪化

加えて生活習慣も見直したいものです。

ひげが濃くなる要因のひとつとしては、生活環境が悪化していることが考えられます。
例えばタバコを吸っている人や、ホコリが多いなど空気が悪い状況で過ごしていると、それを防ごうと作用してひげが濃くなる場合があります。
タバコは男性ホルモンの分泌を増やすという点からも、禁煙を考えてみるのも方法です。

また、夜更かしをする、あるいは規則正しい生活をしていない人は、知らず知らずのうちに疲労が蓄積し、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増加します。

ひげが濃くならないためにも、毎日規則正しい生活を送るようにしましょう。

ひげの剃り方が原因!?

ひげの剃り方が悪いためにひげが濃くなってしまうということも考えられます。

シェービングクリームを使わない、切れ味の悪いカミソリを使うなどが原因で、ひげの生えている部分の皮膚を繰り返し傷つけていると、皮膚を守ろうとする働きが生じてひげが濃くなってきます。

もちろんひげを抜いて処理している場合も、毛根の毛細血管を傷つけるため抜く前よりも太い毛細血管に再生することになり、ひげが濃くなってしまいます。

まとめ

ひげが濃い原因はいろいろあります。自分で注意して対策すれば、防げることもありますね。日々の気配りでひげが少しでも薄くなれば儲けものです。

ちなみに私もひげが濃いのですが、ストレスを軽減させる努力を日々行いこれ以上濃いくならないように頑張っています。

Pocket