Pocket

1978年に制定された、八月八日ひげの日。漢数字で八と書くと、ひげの形に似ているということでこの日は髭の日になりました。

仕事柄、髭を生やすことを不可とする職場もあるかと思います。しかし、最近ではひげも男性のファッションの一部として定着してきています。

自分ではお洒落にと思って、ひげを生やす男性が増えているようですが、女性にとってのひげは違います。やはり、髭の生やし方によっては、許せるひげと許せないひげがあるようです。

今回は女性にとっての許せるひげ、許せないひげを紹介いたします。

 

許せるヒゲとは?

女性から見た許せるヒゲとはどんなヒゲなのでしょうか。

あごヒゲのみなら許せるという方が多い傾向にあるようです。

やはり、だれにでも似合いやすいスタイルということもありますし、あごだけに生えているわけですから、きれいに整えられていれば清潔感もあります。

あご以外の場所に髭が生えていると、食事の時に不潔感を持ったり、女性とキスをするときにじゃりじゃりと自分の頬に当たってしまいますからね。あごのみのヒゲであればシンプルでありながらも男性らしさを感じることができるようです。

許せないヒゲとは?

もみあげから長く続くヒゲはいまいち女性受けが悪いようです。

もみあげなのか、髪の毛なのかわかりにくいですし、かなりきれいに整えていないと、剃り残しなんかでヒゲの形が崩れたりすると見栄えが悪く、かっこ悪いという印象になるようです。

海外の男性であれば堀が深く、似合いやすいスタイルと言えますが、日本人ですと、似合う似合わないがはっきり分かれてしまいますから、違和感を覚えるようです。

妙にデザインされたヒゲも、女性からの印象は悪い傾向にあります。
口の上下とあごにヒゲが生えていると、いかにもヒゲに気を使っていますという感じが全面に押し出されてしまいます。
もちろん、丁寧に形が整えられたヒゲはしっかりと処理しているという証拠ではあります。
しかし、こうしたデザインヒゲは個性が強すぎますし、時間をかけてヒゲの形を整えている姿が嫌でも思い浮かんでしまいますから、やりすぎは要注意と言えます。

そもそもひげは許せない

そもそもヒゲを生やした男性が苦手という女性もいます。

清潔感という見た目だけの問題ではなく、少し触れるとじょりじょりしていてなんとなく邪魔に感じるようです。
こうした意見は極論かもしれませんが、最も清潔感のある状態はヒゲを生やさないことですから、そんな女性がいてもおかしくありませんね。

まとめ

無精ひげは無精ひげでも、徹夜明けの一生懸命頑張って仕事をした証である無精ひげは割と許せるという女性が多いようです。
また、多くの男性に似合いやすいスタイルのあごヒゲであれば清潔感を感じます。

ヒゲの形に夢中になるあまり、デザイン性にこだわりすぎた、行き過ぎたお洒落ヒゲは考え物のようです。清潔感のあるシンプルなヒゲのスタイルが人気アリのようです。

Pocket