Pocket


T字カミソリを使う方は正しく使っていますか。

2枚刃から4枚、5枚刃と種類は多数ですね。
一般的には枚数が多い方が肌への負担は少ないとされています。

最近のT字カミソリは切れ味がよいのが多いので、間違った使い方をして肌を傷つけてしまうこともよくあります。
しっかり剃りたいけど、肌を傷つけるのはいやだ。
手際よくひげ剃りをしてそり残しをなくしたい。

そう思っている方にT字カミソリの正しい使い方を今回は紹介いたします。

T字剃刀の刃は何枚のものが最適?

T字剃刀は刃の枚数は2から5枚刃までと多枚数のT字カミソリがあります。
一般的に枚数が多いほど、圧力が分散されますから、お肌にかかる負担もそれぞれで軽減されます。
刃の枚数が多い方が肌に優しくなっていますので、お肌への負担を気にする方であれば、刃の枚数が多いものを選ぶようにしましょう。

ひげ剃り前の準備品


まずは髭剃り前に準備しなければならないものがあります。
シェービング剤と保湿剤、タオルです。

シェービング剤はフォームとジェルとありますが、ジェルの方がはだの滑りがよくカミソリ負けしにくいといわれています。
また保湿剤については、敏感肌の方がアルコール入りの保湿剤を使用してしまうと、肌荒れの原因となってしまいますので、購入の際は注意が必要です。
また、ひげ剃りは朝起きてから30分後くらいがちょうどいいですよ。
中には夜に剃る人もいるようですが、夜に剃るとお肌にも疲れが出てしまいますし、疲れた肌にはカミソリの刃は刺激が大きすぎるため、肌を傷つけてしまう原因にもなってしまいます。

T字剃刀の正しい使用方法


そもそも剃刀はお肌に密着して、深い部分から毛をそり落とすので、お肌へのダメージが大きいのが特徴です。
間違えた処理方法をすると、肌荒れの原因となりますし、時には出血を伴うこともありますから、正しい使用方法を熟知しておく必要があります。

髭を剃る前に、洗顔を忘れず行ってください。
準備していたタオルは、暖かいお湯で絞るか絞った後に電子レンジでチンをしましょう。すると簡単に蒸しタオルを作ることができ、その蒸しタオルをお肌に乗せて毛穴を開き、髭を柔らかくしておきます。
こうすることでお肌への負担が大きく軽減されます。

シェービング剤を髭につけてから少し時間をおいて、T字剃刀を使って髭を剃りますが、上から下に向かうように剃ってください。
逆剃りをするとお肌へのダメージが大きくなります。

髭を剃り終えたら、冷水で洗顔して毛穴を締めます。シェービング剤もきれいに落として拭き取った後は、忘れずにしっかり保湿して、髭剃り後のお肌をケアしてあげましょう。

まとめ

T字剃刀がさびていたり、切れ味が悪いままで使用してしまうとお肌へのダメージを大きくしてしまいます。
お肌が傷つくとひりひりとして乾燥がひどくなってしまったり、細菌が繁殖して炎症を起こすこともありますから、侮れません。

毎日剃刀を使用するという方は、1週間ほどで刃を交換すると清潔さを保つことができます。
男性だからといって、お肌へのダメージを気にせず簡単に剃ってしまうと肌トラブルの原因ともなりますから、カミソリは正しく使い健康な肌を手に入れましょう。

Pocket